7/5 夏の野草料理教室 in 水口農場

0
    7月には、春の野草は高く伸び、花が咲き、大きく硬くなり、アクが強くなっています。そこで夏には、夏に出てきた草を摘んでいただきます。野草を食べる意味は、自分で種を落とし、自分で子孫を残している野草の生命力をいただくのが目的、市場に出回っている野菜がほとんどF1種という命をつながない野菜になってしまっている現代だからこそ、野草を知り、季節ごとに少しずつ体に取り入れることが大切なのです。

    1DSCN0382 DSCN0381

    夏の野草としては、野カンゾウのつぼみ、ツユクサ、イノコヅチ、アオゲイトウ(ヒューナ)、イヌビユ、タデ、クワ、クズ、カキドオシ(お茶)などで、水口農場の田んぼの畔で、作物のように立派に育ったこれらの野草を、参加者みんなで摘みました。これも数十年にわたって除草剤や化学肥料を一切使わないで、大地を守ってくれている水口さんの努力のおかげ、このことを忘れてはいけないと思い、この旨を皆様に伝えました。

    1DSCN0386

    今日のレシピは、〔逎ンゾウのつぼみのシンプル炒め 夏草のしぐれ味噌(皮付き生姜をたっぷり入れます)ツユクサやクワの磯辺和え ね箸化个憩ι紊粒襪陵佞△鵑け+揚げナスのしぐれ味噌あんかけ ゲ凸邵擇離薀織肇ァ璽罅頁みそ)Σ愡劼肇圈璽泪鵑肇縫鵐献鵑里海佑蝓´Ю峪臍秒磴瓩掘´漬物3種(大根キュウリの糠漬け、キュウリとニンジンの塩麹漬、エゴマの醤油漬) わかめスープ 梅のみりん漬の寒天寄せ お茶としてカキドオシ茶、ミント茶、食事の終わりに黒焼き玄米珈琲

    1DSCN0383 DSCN0388

    湿気が多く、熱いような寒いような気候だと、体の代謝が詰まりやすく、体調を崩す人がおおいのですが、この季節にはシソ科の香りを発散しているものもたくさん生えてきて、これらを取り入れることは薬膳的にも有効です。また皮付き生姜の発汗作用を活用して、代謝を促すメニューにしました。赤紫蘇茶は梅干しを作るときの赤紫蘇を干したユカリを煮出したお茶ですが、これでご飯を炊くとほんのりピンク色の塩味少々ついたおいしいご飯になり、この季節の薬膳ごはんになります。デザートは、梅をみりんだけで漬けて2年たったものを寒天で固めましたが、これも食事がすっきり終われるものです。最後に野草と夏野菜の陰性を消すために黒焼き玄米珈琲を付けましたが、最後の締めとしてバランスがとれたと思います。

    水口農場の野草は本当にのびのびと育った葉の幅も広く柔らかいものですが、水口さんのように農薬や化学肥料ゼロで頑張ってくださっている農家のお米を食べることで、この環境を守ることができます。メダカのがっこうの花まる農家のお米をどんどん食べて、広めることにご協力ください。(報告:中村陽子)


    shop information

    お米ダイニング メダカのがっこう
    ■〒101-0051
    東京都 千代田区神田神保町1-34
    三村ビル1F
    (東京メトロ半蔵門線・都営三田線・都営新宿線 神保町駅A5出口より徒歩5分)
     ⇒地図はこちら
    ■TEL・FAX 03-3295-2060
    ■営業時間
    <月〜金>10:00〜16:30
    < 土 >11:00〜16:30
    ■日曜・祝日定休
    ホームページはこちら
    ※お電話でのお問合せは、12〜13時はランチタイムのため、つながりにくくなりますので、できればこの時間帯を避けてご連絡ください。

    selected entries

    categories

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM