ご飯をもっと美味しく!日本の伝統工芸品 秋田杉曲げわっぱの『おひつ』をご紹介!

0


    日本の伝統工芸品 秋田杉曲げわっぱの「おひつ」

    むかしはどこの家庭でも炊いたご飯をおひつに移して食べるのが一般的でした。
    このひと手間によって、ご飯の味が格段に上がります。ご飯好きには、たまらない一品です。

    ご飯を「保存する」のではなくご飯を「よりおいしくする」のが"おひつ"

    三合おひつ(205φ×95mm)¥36,750(税込)日本製
    二合おひつ(170φ×85mm)¥33,000(税込)日本製

    木が水分を適度に吸収してご飯をおいしくする。

    炊き立てのご飯は少し水分が多いので、おひつに移すことで余分な水分を木が吸収し、べたつきのない、おいしいご飯となります。一般的には炊き立てのご飯が喜ばれますが、健康のことを考えるなら、炊きたてのご飯より、時間をおいたご飯のほうがおすすめです。「冷めたご飯、おむすび」のほうがおいしいとよく耳にしますが、それはほんとうのことなのです。
    食べ物を身体の中で栄養に変えるには消化・吸収・燃焼・排泄を促すいろいろな酵素が必須です。
    ご飯が冷めていく過程で、このいろいろな酵素や旨味成分が活性化され、栄養・おいしい味覚の相乗効果をもたらすからです。
    おひつは一般的に桶タイプが多いですが、わっぱは一枚の板を曲げて作っていますので、軽くて渇きが早いので使い易いです。また大きさもコンパクトです。


    お米ダイニングのネットショップでもお取り扱いを始めました!
    ぜひご覧ください♪


    コメント
    コメントする








       

    shop information

    お米ダイニング メダカのがっこう
    ■〒101-0051
    東京都 千代田区神田神保町1-34
    三村ビル1F
    (東京メトロ半蔵門線・都営三田線・都営新宿線 神保町駅A5出口より徒歩5分)
     ⇒地図はこちら
    ■TEL・FAX 03-3295-2060
    ■営業時間
    <月〜金>10:00〜16:30
    < 土 >11:00〜16:30
    ■日曜・祝日定休
    ホームページはこちら
    ※お電話でのお問合せは、12〜13時はランチタイムのため、つながりにくくなりますので、できればこの時間帯を避けてご連絡ください。

    selected entries

    categories

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM