3/11 ふわっとカチッとおむすび教室

0
    DSC_1373 DSC_1375

    DSC_1377

    お教室終了後の参加者のお声をお届けします。
    ◆いつも固いおむすびを握ってしまうので、以前から美味しいおむすびを作る方法をしりたかったので、良い機会だと参加しました。ラッピングの方法まで教えていただき、練習用の模型もいただき、とても有意義な時間をすごせました。
    ◆おにぎりを握るという基本的なことがとても勉強になりました。結婚して初めて握ったおにぎりが家族からカタイと不評でした。今日の握りかたで食べてもらうことが楽しみになりました。
    ◆分かりやすく、楽しかったです。おむすびも奥が深いとおもいました。(報告:塩野入史子)

    3/7・8・9 醤油搾りinあきる野近藤醸造店

    0
      昨年3月18日に近藤醸造店で麹をつけていただいた醤油のもろみは、各家で大切に育てられ醸造されていましたが、1年たった3月、ふたたび、搾り師さんに美味しい醤油に搾っていただくために、運ばれてきました。醤油搾りのお祭りです。全国各地を搾り歩いている岩崎洋三氏と、彼が育てた搾り師3名が長野の安曇野などから、搾り舟や火入れの釜など一式を軽トラックに乗せ、やってきてくれました。

      DSC_2630 DSC_2627

      P1080140 P1090254

      P1090255 P1090298

      みんな1年間太陽と風を当てて、天地返しをしながら大切に育てたもろみを持って集まってきました。いろいろな育ちのもろみを、それぞれの搾り手さんは、お湯でちょうど良い濃度に溶いて、搾り袋に入れ、搾り舟に並べ、重しを少しずつかけて、丁寧に搾ってくれました。醤油が流れ出すと、みんなでみんなの醤油をなめ合います。感想を言いながら、賞賛しながら、本当においしい醤油を堪能しました。みんなの醤油が流れ出したころを見計らって、おうどんを茹で、搾りたての醤油で頂きました。

      P1090338 P1090343

      P1090382 P1090383

      今回は3日間のうち第1日目が、近藤醸造店の醤油祭りとコラボしての搾りになり、にぎやかでした。2日目は、メダカのがっこうの花まる農家の中村和夫さんが餅つきの臼と杵を持って駆け付けてくださり、餅つき大会がありました。つきたてのお餅を搾りたての醤油で食べるという、何とも贅沢な計画を実行しました。郡山の中村さんのところでも醤油造りが始まることを期待しています。(報告:中村陽子)


      3/1 にんじん堀りとわら細工 in 水口農場

      0
        DSC_1343 DSC_13381

        毎年恒例のにんじん堀りとわら細工の季節がやってきました。なのに朝から雨がしとしと、水口農場に到着すると、小やみになったので、今のうちと、わら細工を後回しにしてにんじん堀りに出かけました。ぬかるんでドロドロになりながら、掘りはじめるとみんな夢中になってしまい、一人当たり大きな袋に3袋も収穫しました。体が痛いことには後になって気が付く有様でした。

        DSC_2611 DSC_2618 DSC_2620

        わら細工は、縁起物の亀を國井さんの指導で作りました。水口さんは、あらかじめわら細工のために丈の長い稲を育て穂をつける前に刈り取って陰干しでしなやかな青いワラを用意してくれました。それを部品ごとにすでに結わえてあり、あとは編んだり縛ったりするだけになっていました。それでもみんなかなり苦戦して亀を完成しました。でも出来上がるとみんなとてもうれしい気持ちになりました。写真の赤い部分は仮止めで、うちに帰ったら金色の紐で結びなおします。

        DSC_2625 DSC_2624

        DSC_2623

        お昼はオール水口農場の無農薬野菜の野菜料理をいただきました。1本丸ごとをニンジンの葉をハーブ代わりに炒め蒸し煮にしたニンジン料理がとても美味しかったです。帰りはニンジンの重さがずしっときましたが、みんな頑張って持ち帰りました。(報告:中村陽子)


        2/25 健康ぬか床教室

        0
          DSC_1916 DSC_1917

          DSC_1918 DSC_1915

          健康ぬか床教室は大変好評で、いつも大勢の参加者が来てくれて嬉しい限りです。
          ぬかに漬ける野菜で「○○も漬けると美味しいんですよ!」と話すと、皆さん「え〜!ホント〜?」とビックリしますが、本当です。(笑)
          知りたい方は、ぜひぬか床教室に参加して下さい。
          自分達の手で作ったぬか床を味見したら「うわー!美味しい!」と大絶賛!
          メダカのがっこうのぬか床は味も最高なんですよ。
          今回も皆さんと共に、楽しく教室を終えることができました。ありがとうごさいました。(報告:水野勇吾)


          2/22 米麹と酒粕を使った料理教室

          0
            お客様のお声を反映して、はじめての日曜日開催となりました。朝10時から米麹と黒米を使った甘酒の黒と、米麹と分付き米を使った甘酒の白を丁寧に参加の皆さんとつくりました。黒米の甘酒はめずらしいですが、煮詰めて胡麻を入れて胡麻餡としても、とてもおいしいです。酒粕を使ってクリームシチューを作り、甘酒を使ったスパゲテイナポリタンとデザートの白玉団子と盛りだくさんつくりました。 (報告:塩野入史子)

            DSC_1318
            黒米を使った甘酒(黒)

            DSC_1319
            五分づきを使った甘酒(白)

            DSC_1320
            黒甘酒を使った胡麻餡

            1
            甘酒を使ったナポリタンと酒粕を使ったクリームシチュー


            2/22 食とお米とその周辺の研究会―春の野草研究―

            0
              「米と塩と野草が分かれば生きていける」というのは自給自足くらぶの基本。この研究会では、塩、米、種、油と勉強してきました。今回は春の野草を取り上げました。

              images

              春の七草を始めその他の食べられる野草20草のコメント、薬効、料理の仕方などをまとめてみました。また間違えやすい毒草もいくつかご紹介しました。野草の摘み方、アク抜き法数種など。草の名前の共通して使われている言葉の解説や例など。いろいろ草に親しんでいただけるよう工夫しました。また草を人間の都合で分類すると、〔草は、薬になる草だが美味しいとは限らない。¬鄙陲蓮毒のない草で、美味しいかまずくない草である。ただの草は、毒はないがまずくて食べられない草である。て覗陲脇任ある草だがまずいとは限らない。の4つになると思います。

              市場に出回っている野菜が次に命をつながないF1種であること、遺伝子組み換えがどんどん広がっている今、厳しい条件下でも自分の力で種を落とし繁殖する力のある野草を知り、体を痛めない食べ方を知ることは、とても意味のあることです。次回は野に出て実際に草を見ながら行う予定です。どうぞお楽しみに。(報告:中村陽子)

              2/21 いざという時の食養と手当法(五行五色)

              0
                陰陽、八卦をナトリウムとカリウム、十二の定理として解明したのが桜沢如一氏。彼の理論は、日本の気候風土や日本人の体質に合ったもので、私にとって心身ともに理解がしやすいのですが、同じ陰陽五行説と言っても、中国の気候風土の中で構築された五行五法は、動物性がバンバン入る食養なので、私たち日本人には、そのまま取り入れるわけにはいきません。しかし何千年も生きてきた教えなので、その素晴らしさを知っておくことが必要ということで、今回勉強しました。

                DSC_1313

                中国の陰陽五行説のすばらしさの神髄は、「医食同源」という考え方です。中国の医学では、下薬が対症療法的な薬、中薬が体質改善をする中期的な薬、上薬が健康な体を作る食ということで、食は最高の薬なのです。ここが一番学ぶべき大切なところで、その内容は気候・風土に合ったものを自分たちで構築していくのが良いのだと思いました。

                たとえば中国の五行説では、「春は酸」ですが、日本では「春は苦み」です。これは冬の間にどんな老廃物がたまったかの内容によって、動物性の油がたまった場合は酸味が解毒に良いのでしょうが、動物性のものでない穀物中心の老廃物がたまっている日本人には排泄を促す苦味が良いのだと思います。このように、自分の立ち位置を正しく認識しておけば、たくさんの情報に慌てることなく自分の頭で考えられる人になれます。これがメダカのがっこうの目指す自立した人間です。

                DSC_1314

                さて今回の手当法は、今までやったことのないからし湿布を行いました。これは強烈な効き目で、胆石を溶かすと言われていますが、私は子供の時良く気管支炎になり肺炎予防のためにからし湿布をしてもらいました。すぐ赤くなるときは軽傷ですぐ直りますが、なかなか赤くならないときは重傷なので医者に行く必要があるそうです。

                DSC_2602 DSC_2607 DSC_2604

                定例の足湯はヨモギでやりました。みんな気持ち良くてやめられない人は、最後の食事の時にも足湯の続きをしていました。でも本当は、足湯の前後30分は食事はしない方がいいと、西式健康法で教わったことを思い出しました。今度真意を確かめておきましょう。(報告:中村陽子)


                2/11 ふわっとカチッと握らないおむすび教室

                0
                  握らないおむすび作りに挑戦です。日頃、メダカのがっこう米をご愛顧いただいている会員のかたが多く参加してくださいました。

                  DSC_1306 DSC_1310

                  おむすびを結ぶ立ち方、両手の使い方、リズム、三角のおむすび練習模型も登場してみなさん熱心に炊きての御飯と格闘です。一時間ももくもくと無心に取り組んでいくとあら不思議、なんとなくフンワリ感がでてきました。写真のおむすびは参加のみなさんの卒業おむすびです。さまになったでしよ。(報告:塩野入史子)


                  2/6-8 麹から造る味噌造り合宿

                  0
                    毎年2月恒例の寒仕込み、米麹から造る味噌造り2泊3日合宿です。本当は4日かかるのですが、お米は水口さんが前日から洗って水につけておいてくれるので、3日ですむのです。

                    P1090160 P1090171 P1090185

                    P1090200 P1090209 P1090210

                    1日目の朝、お米を蒸して台に広げてさまし、麹菌をつけて温かい箱に入れて菌がお米に回るのを待ちます。順調に米麹に育ち始めたら何回か切り替えして麹部屋に移します。熱をかけるのははじめだけ、あとは自分の熱で醗酵します。米麹は3日目の朝完成します。

                    DSC_1262 DSC_1268 P1090099

                    2日目は大豆を柔らかく蒸して冷ましてミンサーにかけてつぶします。蒸し時間は長いので、その間黒大豆の選別など人海戦術の農家のおばあちゃんの手仕事を手伝います。みんなでおしゃべりしながらやれば楽しくできます。草取りと同じです。

                    P1090239 P1090216 P1090217

                    P1090252 P1090231 P1090142

                    3日目の朝、出来上がった麹と潰した大豆と塩を合わせて撹拌し、味噌玉を作って振り塩をした樽に並べ、良く空気を抜いて樽詰めします。振り塩をして2〜3日たったところで、塩蓋をして、これから長く貯蔵します。最低11月まで、一番おいしいのは来年の11月以降、薬効成分が増すのは再来年の11月以降です。出来れば今年の夏に一度天地返しをすると醸造のムラがなくなり、さらにおいしくなります。

                    お味噌は一人でも作れるものですが、メダカのがっこうの花まる農家が作ってくれた農薬・化学肥料ゼロの在来種の大豆と小麦を使って、メダカのがっこう米で米麹から造って、みんなでみんなの分を造って分ける共同作業は村仕事みたいでとても楽しいです。

                    写真は撮りませんでしたが、3日間水口農場で採れた農薬ゼロの野菜料理とヨモギ茶、甘酒やどぶろくは本当においしかったです。来年も多くの皆さんで作りましょう!(報告:中村陽子)


                    1/28 砂糖と卵と乳製品を使わないお菓子作り(雑穀クッキーほか)

                    0
                      DSC_1230 DSC_1231 DSC_1236

                      皆様から好評をいただいている〈いのちの田んぼのオリジナルクッキー〉2種類を作りました。〈黒焼きデトックスクッキー〉と〈雑穀クッキー〉です。何れも健全な材料から美味しくて健康に寄与するものを作って、どうしても甘い物がほしいというお客様にお応えしようとスタッフで作り上げたお菓子です。作り方の初御披露目です。たくさんの方が参加して下さいました。それぞれを作りながら混ぜ方、成型の仕方、焼き加減の判断のポイントなどを伝授しました。
                      ご参加の皆様の感想をご紹介いたします。
                      ・美味しかったです。まず、雑穀クッキーを作ってみます。
                      ・お店で販売しているクッキーのレシピが知れて良かったです。作り方のコツを教えてくださったので自分でも作れそうです。
                      ・いつも買っているクッキーが簡単にできてとても良かったです。
                      ・クッキーが簡単に作れて楽しかったです。材料さえそろえぱ、自分でつくれそうだなと思いました。
                      ・黒焼きデトックスクッキーは甥っ子(2才)が大好きなのでこれからは買うだけではなく作ってみます。雑穀クッキーも作って
                      みます。
                      ・材料が揃えば、手間をかけなくても、手順を間違わずにやれば、私にも出来ると思いました。
                      ・砂糖に変わるものをと思っていましたので助かりました。
                      ・大変良かったです。特に雑穀クッキーはほどよい甘さで美味しかったです。今後もいろいろなお菓子をお願いいたします。
                      ・ためになるお話しをたくさんしていただき勉強になりました。2才の孫に自然な物を食べさせたくて参加しました。大変美味しくて早速作ってみたいと思います。
                      ・とても楽しく凄く勉強になりました。食について改めて考えさせられました。
                      ・実習もあり、材料の説明もありで勉強ぬりました。もう少し実習中心でも良いと思いました。(報告:塩野入史子)



                      shop information

                      お米ダイニング メダカのがっこう
                      ■〒101-0051
                      東京都 千代田区神田神保町1-34
                      三村ビル1F
                      (東京メトロ半蔵門線・都営三田線・都営新宿線 神保町駅A5出口より徒歩5分)
                       ⇒地図はこちら
                      ■TEL・FAX 03-3295-2060
                      ■営業時間
                      <月〜金>10:00〜16:30
                      < 土 >11:00〜16:30
                      ■日曜・祝日定休
                      ホームページはこちら
                      ※お電話でのお問合せは、12〜13時はランチタイムのため、つながりにくくなりますので、できればこの時間帯を避けてご連絡ください。

                      selected entries

                      categories

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      archives

                      recent comment

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM